香川真司のチームメイトのマルコ・ロイスが靭帯損傷の怪我.. | ENJOY SOCCER LIFE !

香川真司のチームメイトのマルコ・ロイスが靭帯損傷の怪我..

Sponsord Link

11月22日に行われたドルトムント対パダーボルン戦で

元dortmundのマルヴィン・バカロルツ選手のスライディングタックルを

足首に受けてしまい、長期離脱の怪我を負ってしまいました…


32615_186x236
  バカロルツ選手




E383ADE382A4E382B92014E7ACAC12E7AF80E8B2A0E582B7

怪我のシーンはこちら


ロイスはここまでリーグ戦で7試合に出場して3ゴール2アシスト。
(チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴール1アシスト)

強豪のバイエルン相手にも得点をしているので彼の離脱は相当な痛手です。


これまでドルトムントは怪我人で悩まされ続けていたのでクロップは大激怒。

「彼はコントロールできないほど

激しいスライディングタックルを見舞うことがある。

やめろと何度も忠告したよ。

マルビンは素晴らしい人間だが、あのプレーは度が過ぎていた」

バカロルツは「クロップ監督に怒鳴られた。そうされても仕方ない」


ネット上では、


「(ロイスは)一度お払いをしてもらった方が良いな」

「香川をおとりにロイスとオーバメヤンで点を取る形が出来ていただけに..」

「オバメヤン以外の得点源がない」


といった意見がみられました。


ガボン出身のピエール=エメリク・オーバメヤンはここまで

ブンデスリーガで12試合に出場して4ゴール2アシストしています。
(チャンピオンズリーグでは4試合で3ゴール2アシスト)


ココ最近のドルトムントはロイスのパスにオーバメヤンが得点を決めたり、

オーバメヤンのクロスにロイスが合わせる形が出来上がっていました。


ようやく前線のメンバーを固定して連携がうまくいくようになっていただけに

クロップ監督も頭が痛いと思います…


代わりの選手としての候補は、

イタリア代表のチーロ・インモービレ(リーグ戦2得点、CLは3得点)

コロンビア代表のアドリアン・ラモス(リーグ戦2得点、CLは3得点)


のFWがいますが、どちらもまだドルトムントにフィットしていない様子です。


オーバメヤンをサイドに回してインモービレかラモスを使うのか、

ケビン・グロスクロイツをロイスの代わりに起用するのかどちらかだと思います。


個人的には香川の親友であり、パス交換の出来るグロスクロイツ選手を

起用してくれないかな~と思っています。

SC Freiburg v Borussia Dortmund  - Bundesliga


グロスクロイツはこれまでリーグ戦で11試合0ゴール2アシスト、

チャンピオンズリーグでは2試合で1アシストと

数字という面では結果が残せていませんが、

サイドバックや左ウイングといった便利屋(インテルの長友的存在)として

起用されているので得点はなかなか難しいと思います。

Sponsord Link


ドルトムントの試合を見ていて毎回思うのは、

香川選手が欲しいタイミングでパスを貰えない事が多いです。


本人はチームメイトに「狭いところでボールを受けたい」と言っているようですが、

なかなか縦パスが入るシーンが少なく、

しかたなく下がってボールを貰ってゲームを組み立てているんですよね…


香川が移籍する前のドルトムントではグロスクロイツのスルーパスや、

絶妙な(ボールを)スルーしたりと、かなり連携が高かった印象があります。


他の代役選手として、日本人の丸岡満を是非試して欲しいと思っているのですが、

ポジション的にもメンバーの序列を考えてもなかなか難しいんですよね..

最近は勝利に見放されているドルトムントなので、

ここは思い切って若手を起用して(厄払い的な意味も込めて)

何かの変化を起こしてみるのも良いと思います。


丸岡満とは


まとめ



ロイス選手の離脱は非常に痛いですが、

香川選手とは連携という面でうまくいっている印象は受けなかったので、

彼の離脱が香川にとって吉と出るのか凶になってしまうのか気になるところです。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

ENJOY SOCCER LIFE ! TOP » 未分類 » 香川真司のチームメイトのマルコ・ロイスが靭帯損傷の怪我..