指宿洋史の日本代表招集に期待!スペインで得た経験をJリーグにも! | ENJOY SOCCER LIFE !

指宿洋史の日本代表招集に期待!スペインで得た経験をJリーグにも!

Sponsord Link


久しぶりに、Jリーグが盛り上がりそうな移籍情報が飛んできました。


リーガエスパニョーラ(スペイン1部)に所属するバレンシアCF

(バレンシアCF・メスタージャ,スペイン3部)
から、

アルビレックス新潟に完全移籍をする選手がいるそうです。


その名も指宿(いぶすき)洋史(23歳)。

指宿洋史 画像



スペインと聞くと、

テクニックのある助っ人外国人選手が来るのかな?と思ったのですが、

日本人で、しかも195センチの大型フォワードでした。


経歴



指宿洋史といえば、

2012年のロンドンオリンピックの選手選考に漏れてしまい、

メンバーには選ばれませんでしたが、

直前の親善試合で見せたスケールの大きさに、密かに期待していました。


経歴をご紹介しますと、


Jリーグを経由せずに、スペイン2部のジローナFCでプロデビューし、

レアル・サラゴサのセカンドチームや、

CEサバデル、セビージャFCのセカンドチームなど、主にスペインリーグの2~3部で

プレーをしていたのですが、セビージャFCのBチーム(3部)で20得点を上げた時に、

トップチームに昇格した事があります。


当時のセビージャは怪我人や移籍、累積警告などでフォワードが足りず、

チャンスだったのですが、試合に出られたのは約8分くらいで、

アピールをする事ができませんでした。


リーガエスパニョーラに挑戦した日本人は、指宿洋史を含めて6人目となりました。


過去には、


日本テレビのサッカー解説でお馴染みの城彰二が、

1999年~2000年にレアル・バリャドリード(降格争いをするチーム)で、

15試合で2得点。


トルシエジャパンの元日本代表フォワード、西澤明訓が、

RCDエスパニョールで、6試合0ゴール。


2010,2014年ワールドカップメンバーの大久保嘉人が、

RCDマヨルカで2シーズン所属し、通算39試合で5ゴール。


2009-10シーズンにRCDエスパニョールに所属した、

元日本代表の中村俊輔は15試合で0得点。


2010-12シーズンの2年間RCDマヨルカ所属した、

家長昭博は18試合で2得点。



と、結果を残す事が出来ていません..


スペインと日本人はテクニックに秀でているという似たような特徴を持っているので、

それ以外の何か強みになる武器がないとなかなか活躍が出来ません..


そして、リーガエスパニョーラの外国人枠(EU外枠)が3人と少ないので、

実績のあるブラジルやアルゼンチンなどの南米系の選手を獲得しないで、

日本人を積極的に補強するクラブはナイのです..


指宿の場合は高さという一芸に秀でた武器を持っていたので、

パワープレイやセットプレイ要員として、トップチームに残して欲しかったのですが、

チャンスはその8分のみとなってしまいました…


セビージャFCはスペインでも上位を争うビッククラブなので、

下位チームに所属していれば、もう少し出場機会があったのでは、と思います..


その後は、ベルギー2部へのレンタル移籍を経て、

バレンシアのセカンドチームへ移籍し、今回のアルビレックス新潟に完全移籍しました。


海外での成績は、通算で160試合で60ゴール(カップ戦を含む)


スペイン3部では通算99試合に出場して37ゴール、

スペイン2部時代には、27試合に出場して12ゴール、

レンタル移籍をした、ベルギーの2部リーグでは26試合で10ゴール


下位リーグでしか得点をしていませんが、

フォワードの選手としては、ゴールという結果をそれなりに残したといえます。



特徴



一言で言ってしまうと、しなやかさの無い、イブラヒモビッチといったところでしょうか..

195センチ85キロと大きいので、存在感はあるのですが、

スピードが遅く、もっさりとしている感じです。


U-23の日本代表時代とゴール動画でしか見た事が無いので、


正確な情報は把握できませんが、ハーフナー・マイクに近いものがあります。

Sponsord Link



指宿洋史とハーフナーマイクを比較してみると、


ヘディング   ハーフナー・マイク >> 指宿洋史

テクニック    指宿洋史 > ハーフナー・マイク

フィジカル   指宿洋史 ≒ ハーフナー・マイク

ポジショニング 指宿洋史 > ハーフナー・マイク

といった印象を受けます。


しかし、フォワードに必要な決定力は2人とも低いです…


指宿洋史は、思い切りシュートを撃ってしまうので、枠外に飛んでいってしまう事があり、

ハーフナー・マイクの場合は、簡単に決められるシーンで何故か外してしまいます..


両者とも、素早く正確なシュートを打てるタイプではなく、シュートモーションが遅いので、

ゴールキーパーやディフェンダーにシュートを読まれやすいのです。


今後は、日々のトレーニングで短所を克服し、

恵まれた体格を活かし、長所を伸ばしていって欲しいところです。



日本代表は?



現在大型フォワードの日本代表候補といえば、


ハーフナーマイク 194センチ(27歳)

豊田陽平 185センチ (29歳)

川又堅碁 183センチ (24歳)


上記の3候補が上げられますが、

4年後を考えた場合、

195センチで、現在23歳の指宿洋史を今から代表に呼んでおき、

育てていくのもありなんじゃないか?と思います。


その為には、アルビレックス新潟でしっかりレギュラーを掴み、

得点を量産して、代表監督にアピールして欲しいところです。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

ENJOY SOCCER LIFE ! TOP » 日本人選手 » 指宿洋史の日本代表招集に期待!スペインで得た経験をJリーグにも!