日本サッカー協会の責任問題とメディアの批判に期待。 | ENJOY SOCCER LIFE !

日本サッカー協会の責任問題とメディアの批判に期待。

Sponsord Link

現在の日本サッカー協会は、腐敗していると思いませんか?


価値のない親善試合に、無理やり海外から選手を呼び寄せ、興行試合に強制出場。

ワールドカップで惨敗したにもかかわらず、誰も責任を取らない協会幹部。

選手のコンディションを考えず、

金儲けの為に、スポンサーを最大限配慮したキャンプ地選び。


「日本サッカーを本当に強くしたい」と思っているとは到底思えません。





現在の体制



大仁邦彌 日本サッカー協会会長

会長 大仁邦彌 69歳
副会長 田嶋幸三、大東和美(Jリーグ)
専務理事 原博実

技術委員会 強化部会 部会長 原博実
国際マッチメイク委員会 委員長 原博実



日本サッカーの重要な事柄に関わっている人物は上記の通りです。


今回は日本サッカー協会会長、大仁邦彌について書いていきたいと思います。


大仁邦彌という人物をほとんど知らなかったので、

wikiなどを参考に調べました。

選手時代はディフェンダー(サイドバック)として活躍。

日本代表歴は、1972~1977 44試合出場。


発言・行動

2012年夏、ロンドンオリンピックの男子サッカー三位決定戦において韓国代表の朴鍾佑が「独島(竹島の韓国名)はわれわれの領土」と韓国語で書かれた政治的メッセージを掲げた問題で、「今までもいい関係を築いてきたので、これからも一緒に頑張りましょう、ということ。これからはFIFA(国際サッカー連盟)とIOC(国際オリンピック委員会)がきちんと調査する」「あのパフォーマンスについては誠に残念だ。両協会はこれまでも友好関係を築いてきた。それはこれからも変わらないし、発展させていきたい」という発言を行った。この発言に対して韓国紙は「大仁会長が『FIFAとIOCの手でこの問題を一日も早く終わらせて欲しいと思う』と発言した」「日本サッカー協会が韓国サッカー協会に和解の意思を示した」との解釈を行っている。

また、「政治的メッセージを掲げた問題」の後に取りざたされた「旭日旗持ち込み問題」について、2012年8月28日のスポーツニッポンで小倉純二日本サッカー協会名誉会長が「国内で禁止されているものではない。持ち込みを禁止することはない」と述べたとされたが、2012年8月31日に共同通信は「国際サッカー連盟(FIFA)から事前に旭日旗を「スタンドに出させない方がいい」との連絡があり、旭日旗を見かけたらサポーターにしまうよう声を掛けることを警備員に指示していた。」と配信した。

2013年7月28日に日韓定期戦を翌年秋から復活することを韓国側と合意していると明らかにしたが、その翌日に安重根の写真などの巨大な幕がかかげられる「横断幕騒動」が発生した。

「なぜ彼が新会長? と協会関係者に聞くと、『何もしないからでしょ』という答えが返ってくるような人です(笑)。口が堅いのが取り柄で、人柄の良さでここまで上り詰めた人なんですよ」
「先頭に立って歩くようには見えない人ですからね。大丈夫か? と言いたくなりますよ」
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1498



和を大切にし、対立を好まない、

良くも悪くも典型的な日本人、という感じがします。


しかし、今回のワールドカップで責任を追及されると、

逆切れ気味に、

「責任逃れをする気は毛頭ない。必要があれば…」

ザッケローニ監督を選んだ原博実・専務理事(55)の任命責任を問う質問にも、「だ・か・ら!」と声を張り上げ、「今回は結果を出せなかったが、これまでの4年間は代表チームを進化させている」と反論した。ふだんの温厚な人柄が一転、珍しく感情をむき出しに。
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20140628-OHT1T50010.html

わかりやすい人ですね…

自分に非がある事を認めず、反論を許さない、責任をとらない、

会長職に意地でもしがみつこうとする、権力者という印象を受けます。


実際にサッカー雑誌やテレビ番組などで、

日本サッカー協会に対する、疑問や論議はほとんど見ないですし、

批判しようものなら、取材をさせて貰えない等、何かしらの制裁をされるでしょう。


辛口トークをする事で盛り上げるセルジオ越後や、

サッカー協会に関係のない一般人なら許されると思います。


しかし、影響力のある媒体や有名人が表立って批判するには勇気がいると思います。

その中で、芸能人のサッカー通と知られる土田晃之が、

「僕はサッカーの仕事なくなったっていい」と日本サッカー協会を批判しています。



新監督候補のハビエル・アギーレに対しても。




言論の自由が封鎖されつつある日本で、勇気あるトークを賞賛したいと思います。


しかし、実際問題あれだけの失態を晒しながら、

まったく責任を取らない組織があっても良いのでしょうか?


日本以外の国なら、連日批判の嵐で、表を歩けなくなってもおかしくないと思います。


日本だから許されている事だと、

サッカー協会の人達には理解してもらいたいですね…


人事決定権が国民投票であれば、100%全員クビです。


この甘やかされたサッカー協会に期待するのは難しいですが、

それでも一サッカーファンとしては何とかして欲しいのです。


そこで改善策として、


今回のワールドカップの敗因を徹底的に追究し、

今後は二度と同じ失敗を繰り返さないようにする事。


無意味な親善試合を組まず、強化になる対戦相手を選ぶ事。


最低この2つを守って、

日本代表を強くするという目標をしっかりと持っていただきたいと思います。


できれば、責任を取って辞めていただきたいですけどね..


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

ENJOY SOCCER LIFE ! TOP » 日本代表 » 日本サッカー協会の責任問題とメディアの批判に期待。