大迫勇也、長澤和輝が所属する、ケルンのチーム戦力を分析します! | ENJOY SOCCER LIFE !

大迫勇也、長澤和輝が所属する、ケルンのチーム戦力を分析します!

Sponsord Link

今シーズン昇格を果たしたケルンは、ブンデスリーガに残留できるのか!?

ケルンに所属する選手を分析しながら、可能性を模索します!

ケルン マスコット 山羊




監督 ペーター・シュテーガー(国籍:オーストリア)

ケルン 監督 ペーター・シュテーガー

4-2-3-1のフォーメーションを好み、

ドルトムントのような、前線からしっかり守備をして、

ショートカウンターを狙う傾向があります。

最終戦の消化試合で長澤和輝が加入後、初めて試合に負けたのですが、

円陣を組んで、選手に問いかけるなど、モチベーターとしての一面も見せました。

(最終戦の長澤タッチ集+監督、選手etc..)



フットボールマネージャーでの能力値


若手育成に長け、バランスの良い指導力を持つ監督です。


キャプテン ミショ・ブレチュコ(30歳)

スロベニア代表の右サイドバックで、昨シーズンキャプテンを務めました。

ケルンの試合では、攻撃参加はあまり目立ちませんでしたが、

守備ではなかなかの出来だった記憶があります。

ミショ・ブレチュコ

フィジカル、スキル、メンタルともに平均的な能力の持ち主。

ブンデスリーガでも堅実なプレーを見せてくれそうです。

Sponsord Link


ディフェンダー トマーシュ・カラス(21歳)

チェコの各年代でプレイし、最近フル代表デビューを果たしました。

チェルシーからレンタル移籍で加入した将来有望なセンターバック。
トマーシュ・カラス

俊敏性があり、守備能力も十分ブンデスリーガで戦えるレベル。


ミッドフィールダー ダニエル・ハルファー(26歳)

ケルンの試合を見ていて、一番うまいと感じた選手。

173センチと小柄ですが、ボールを受ける動き出し、ゲームを作るパス出し、

運動量があり、長沢和輝とかなり似ている選手だな、と感じました。

長澤和輝と、ダニエル・ハルファーが中盤にいるだけでパスがスムーズに回る、

見ていて楽しいチームになります。

ケルンの試合を見るなら是非、彼に注目して欲しいと思います!

ゲームでの評価も高く、攻撃のセンスが光ります。


フォワード陣は、大迫のライバルFWの記事で紹介していますので、

参考にして頂けたら、と思います。


そして、ケルンは他にも積極的に補強をしています。

CBマフライ(フュルト)、右SBオルコウスキ(グールニク・ザブジェ)、左SBのスウェント(RBザルツブルク)と、いずれも代表経験があるDFたちを補強。更にMFでは、昨季アウグスブルクで飛躍を遂げたケヴィン・フォクトの獲得に加え、セビージャからの関心も伝えられたヤニク・ゲルハルトがケルンに残留。そしてFWでは、両ウィングもこなすジモン・ツォラー(カイザースラウテルン)と、日本代表FW大迫勇也(1860ミュンヘン)の獲得にも成功した。

キッカー紙より http://www.kicker-japan.com/2014/06/koeln-leiht-kalas-von-chelsea-aus.html


ブンデスリーガで生き残るために、マイナー国から代表経験のある選手を補強し、

残留に向け、準備は整っている感じです。


昨シーズンのケルンを見た限りでは、

降格したニュルンベルクよりはましかな?と思いましたが、

新戦力の活躍次第で、残留の光が見えてきそうです。


そして、ケルンの運命を左右する、

長澤和輝大迫勇也、両日本人選手にも注目です!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

ENJOY SOCCER LIFE ! TOP » 海外サッカー情報 » 大迫勇也、長澤和輝が所属する、ケルンのチーム戦力を分析します!